腰痛サポーター/腰痛ベルト/腰痛コルセ腰ーター


〒582-0006 
大阪府柏原市清州2-3-14-1F 
072-971-5272 
 
ホーム 首・肩・胸サポーター 肘・手首・指サポーター 腰痛コルセット 腰痛ベルト 腰サポーター股関節サポーター 膝・太もも・ふくらはぎサポーター 足首サポーター
健康用品 健康食品 カートの中を見る
腰痛コルセット 股関節サポーター
腰痛サポーター/ベルト/コルセット
辛い腰痛、腰痛防止にはサポーターと休養が一番。ぎっくり腰、疲労性腰痛、慢性腰痛からスポーツ障害まで、女性用、男性用など各種、最適の腰痛サポーターを取り揃えています。
痛い変形性股関節症の痛みの改善・予防・防止対策には体操、ストレッチ、マッサージなどもいいですが、変形性股関節用サポーターが手軽で有効です。  腰痛について
急性期用腰痛コルセット/サポーター
プロハード026
細型二重固定002
パワフルサポート10
サマーベーシック206
アルファギア103
アルファデラックス111

中度用腰痛コルセット/サポーター
スリムハード105
ストレイン
アクアノート106
ハイウェストハード021
シルエット016
サマースリム204
スポーツWウェスト806
スポーツWウェスト807
バックインパクト
ファンクションウエストグリップ
軽度用コルセット/サポーター
プロソフト100
スリムソフト104
発熱ウォーマー腰用

骨盤用コルセット/サポーター
バリアツィスト
スリム仙骨ベルト
骨盤ヘルパー
ダイヤ骨盤バンド

孑関節用コルセット/サポーター
スリムヒップサポーター
ウォークサポート390
ヒップOAサポーター
ヒップグリップ
ウォーキングコルセット


腰痛について



















電話注文は
072-971-5272
急性期重度用サポーター
 プロハード026

フィット性が高く弾性の強い素材をステーに採用した腰痛サポーター。他のメーカーにはない構造です。
体の動きに追従するステーなので、しゃがんだ時にも隙間ができにくく、一定した支持力があります。前幅の狭いタイプもあります。
税込標準価格
5,832円〜
4,665円〜

 細型二重固定002

幅の細いサポーターで急性期用に作られた腰痛サポーターです。
税込標準価格
4,320円〜

 パワフルサポート10

ソフトな素材を使用しているのでよく腰にフィットするコルセット。骨盤の固定にも使用できる腰痛サポーターです。
税込標準価格
4,860円

 サマーベーシック206

通気性に優れたハードタイプの腰痛サポーター、夏には快適です。幅広でしっかりと固定できます。
税込標準価格
4,320円〜
3,672円

 アルファギア103

スパンラッセル素材でしっかり幅広固定の腰痛サポーター。
税込標準価格
4,860円〜

 アルファデラックス111

腹部を2分割することにより、胃部を圧迫しないように腹圧調節できる腰痛サポーター。
税込標準価格
4,320円

 発熱ウォーマー腰用

冬の節電対策、寒さ対策に最適。
税込標準価格
2,700円

中度用サポーター
 スリムハード105/ストレイン

ポイントだけを確実に固定できるスリムタイプの腰痛サポーター。
税込標準価格
3,240円〜

 アクアノート106

治療イメージを変える!慢性腰痛者のご要望から生まれたカラーサポーター。
税込標準価格
3,240円〜

 ハイウェストハード021

ダイヤ製品の中で最も広い26cmの背幅で、腰をしっかりサポートしてくれる腰痛サポーター。
税込標準価格
2,700円

 シルエット016

ダイヤ製品の中で一番薄いブラックタイプの腰痛サポーター。
背幅も狭く快適。
税込標準価格
3,240円〜

 サマースリム204

通気性に優れた細幅タイプ、接着部分にもメッシュを使用した夏向きのサポーター。
税込標準価格
3,240円〜

 スポーツWウェスト806

スポーツをする方にお勧めの腰痛サポーター
税込標準価格
6,490
5,480円

 スポーツWウェスト807

スポーツをする方にお勧めの腰痛サポーター。
806の色違いです。

税込標準価格
6,490
5,480円

 バックインパクト

アスリートにお勧めのテーピング原理を応用した腰用サポーターです
。アスリートには人気の腰痛サポーターです。
税込標準価格
10,260
8,720円

 ファンクションウエストグリップ

伸縮部分で腹部にかかる圧を分散させる為、屈曲や回旋などスポーツ時の様ような動きを妨げません。
税込標準価格
5,400
4,860円

再発予防・軽度用サポーター TOPに戻る
 プロソフト100

スタンダードな形状の中に独自の設計を加えたサポーター。お年寄りに人気のある腰痛サポーターです。
税込標準価格
2,808円〜

 スリムソフト104

スリムハード105のソフトタイプ。ポイントをしっかりサポートします。時々痛くなってくる人に再発予防のサポーターです。
税込標準価格
2,808円〜

骨盤用 TOPに戻る
 バリアスツィスト

前幅6.5cmの完全ロックタイプの骨盤ベルトです。
●本体はクッション性の高い素材で体にフィットします。
●肌面にはスベリ止め素材を使いズレ上がりにくいです。
●背面は、滑車の原理を利用したオリジナル締め付け構造で、わずかな力で締まります。
税込標準価格
5,400円〜

 スリム仙骨ベルト

骨盤バンドとしては高吸湿素材の採用で、生ゴムの欠点を取り除きました。股関節が痛い人にもおすすめ。
税込標準価格
3,240円

 骨盤ヘルパー

力のない人でもらくらく着脱できる骨盤バンド。
税込標準価格
3,570
3,240円

 ダイヤソフト骨盤バンド

適度な柔らかさで締めやすさとフィット感を実現!
通気穴をより多く設けムレを軽減した骨盤ベルト。

税込標準価格
3,570
3,240円

股関節用 TOPに戻る
 スリムヒップサポーター

無駄をはぶいた構造で、つけて納得の股関節サポーター!
税込標準価格
3,240円

 ウォークサポート390

ナチュラルな装着感で左右の筋バランスを調整する変形性股関節症などの股関節のサポーターです。
左右兼用。
税込標準価格
4,212円

 ヒップOAサポーター(アルケア)

変形性股関節症などの股関節を圧迫固定するサポーター。
税込標準価格
8,100円〜

 ヒップグリップ(アルケア)

現在この商品は取り扱いを中止しています。
税込標準価格


 ウォーキングコルセット

歩きながら始める腰痛対策。
税込標準価格
6,156円〜

特定商取引に関する法律に基づく表示 TOPに戻る


腰痛について


 腰痛には急性に発生するいわゆるぎっくり腰といわれる椎間板ヘルニア、腰部筋肉の挫傷(肉離れ)等と徐々に痛みが増してくる筋肉の疲労、運動不足からくるもの、そして、骨の老化による変形性脊椎症、骨そしょう症などからくるものがありますが、働き盛りの人達に多く見られるのは、やはり使いすぎによる筋肉の疲労からくる疲労性腰痛でしょう。



 疲労性の腰痛とは、誰もが若いころは一晩眠れば一日の疲れは朝、目が覚めるとともに忘れていたでしょうが、それが三十歳代、四十歳代、五十歳代と年を重ねるとともに、一晩眠ったぐらいでは疲れが取れにくい事に気が付くでしょう。結局その疲れがたまりたまって、次第に痛みに変わってくるのが疲労性の腰痛です。

 さて疲労ですが、疲労とは使いすぎる事により筋肉の柔軟性がなくなって硬くなり、血液の循環が悪くなって筋肉内に疲労物質がたまる事です。筋肉の疲労、および硬化を防ぐには適度な運動をする事が功を奏します。けれど、運動をしたいが時間がないという人や、運動はどうも苦手だという人には、週二度くらいの軽いマッサージをする事によって疲労が解消されます。



 次にぎっくり腰ですが、ぎっくり腰の中でも多いのは椎間関節捻挫、腰部筋肉の肉離れです。椎間板ヘルニアは特に痛みは強いですが、そう多く見られるものではありません。



 椎間関節の捻挫、肉離れは重いものを急に持ち上げたときや、不意の動作で体を急にひねったときなどにおきるものですが、前述の筋肉疲労にも関係がないとはいえません。疲労によって柔軟性をなくした筋肉では、そうした急な動きには対応しにくく、また、力も百パーセント出せない事がぎっくり腰の原因となることが多いようです。

したがって朝、顔を洗おうと思って腰を曲げたとたんぎっくり腰になったとか、くしゃみをしたとたんにぎっくり腰になった、という話もまれではありません。



 腰痛防止七か条

1. 出来るだけ歩き腰の周囲の筋肉を鍛える

2. 背骨を支える腹筋、背筋を鍛える

3. 重いものを持ち上げるときは荷物を近づけ膝を使ってあげる

4. 長時間あぐらや横座りをしない事

5. 長時間座るときは時々腰を伸ばして回すなどの運動をする

6. 腰が重だるいなと感じたらストレッチ、柔軟体操をする

7. 固めの布団に寝る(座布団二枚程度の固さ)

などですが、痛くなったら早めに治療を受けましょう。



 では次に、お年よりの方に多い変形性脊椎症、骨祖しょう症についてお話しましょう。

 変形性脊椎症は、四十歳から五十歳にかけて始まる老化現象で、腰椎だけでなく頚椎にも発生することが多く、誰にでも起こることなのですがその程度は人それぞれです。一般的に、重労働をしてきた人はそうでない人に比べて早く発生し、ひどくなります。腰椎は何をするにしても非常に負担がかかりやすい部分で、寝ているとき意外は常に負荷がかかっているといっても過言ではありません。ですから、軟骨などが痛みやすく、また減ってきたりして色々な障害が出てきます。



 たとえば、軟骨が減ってくるとその下の地の骨が出てきて角がとがってくるため、回りのスジや神経などを刺激して痛みを発生させます。また、椎間板という軟骨ももろくなってきて、特に衝撃も受けていないのに砕けてしまっているという事もあります。変形性関節症は動き始めが痛く、しばらく動いていると痛みが取れてくるというのが特徴です。



 治療は骨自体の変形は手術による方法しかありませんが、しかし、そんな事はまれで、患部の回りの血行をよくしてやることで、痛みは楽になる事が多いようです。その血行をよくするには暖めるのもいいし、ストレッチなどの柔軟体操もいいし、マッサージを受ける事も効果があります。


 骨粗しょう症は年配の女性に多いですが、現在では30代40代から始まっているといわれています。閉経後に女性ホルモンのバランスが崩れて、骨のカルシウム分が減ってくる事で起こるようです。X線撮影像をみると骨がはっきりと写らないで透けているように見えます。



 症状は、次第に背中が丸くなり痛みが出るようになります。尻餅をついたとか、階段を少し踏みはずしたとか、時にはつまずいただけでも骨折する事があります。ところで腰痛とは関係ないですが、骨粗しょう症は全身に起こるものなので手首や股関節、そして肋骨なども骨折しやすくなりますから転倒には充分気をつけてください。



 骨粗しょう症の原因はカルシウムが減る事も一因ですが、その他にビタミンDの不足、たんぱく質の不足、運動不足、日光浴の不足なども原因の一つなので、積極的にこれらを取り入れましょう。日光にあたりながら散歩をするだけでもずいぶんと違います。カルシウムが減ってしまってからではその穴を埋めるという事は並大抵の事ではないので、40代くらいから始める事が理想的です。



スポーツ外傷性腰痛

腰部

後腸骨稜骨端炎

後腸骨稜骨端炎は成長期の青少年に起こります。成長期の骨盤の上部はまだ成長軟骨に覆われていて、この部分にはたくさんの背筋がついていますが、激しいスポーツなどで繰り返し軟骨の部分に強い力がかかると引っ張りの力により、炎症を起こして痛みが出てきます。これを後腸骨稜骨端炎といいます。

治療は少し押さえてもひどい痛みのあるときは練習を休んでいただき、患部を安静にしなければなりません。痛みが軽くなってくれば、ストレッチ、柔軟体操、腹筋の強化などなどをして積極的治療を行います。また、疲れた背筋、殿筋、ハムストリング筋のマッサージも大変効果をあげます。


筋々膜性腰痛

筋々膜性腰痛というのは簡単に言えば疲労性の腰痛です。大会などを控えて練習が激しくなると、疲労がたまってきて痛みを発生させます。治療としては休養も必要ですが、前項のようにストレッチ、柔軟体操などを症状に応じて積極的に行うと効果をあげ、マッサージ、鍼なども大変効果をあげます。


腰椎分離症(疲労骨折)

体操、水泳、格闘技など腰に非常に負担がかかるスポーツは多いですが、繰り返し腰椎部に負担がかかると腰椎の関節部 に疲労がたまり、疲労骨折という骨折がおきる事があります。これを腰椎分離症といいますが、背中を反らしたりすると特に痛み、治療は6ヶ月ほどの長い期間コルセットをしなければならず大変です。もちろん、その間スポーツは禁止されます。

さて、そこでその長い間コルセットをしていて治るのかと言えば、必ずしも治るとは言えないようで、治り易いタイプと治り難いタイプがあるそうです。



また、分離があるまま激しいスポーツなどを続けていると、腰椎が前方にずれるすべり症という症状が出る場合もありますが、必ず出るとは限らないので、レントゲン検査を定期的に受けながらスポーツをするのもいいでしよう。

 腰痛以外のためにレントゲン撮影を行ったときに見つかる分離症もあるということですから、分離症があるからといって必ず痛みの原因だとはならないようです。ですから、分離症をあまり気にすることもなく、痛みがあればマッサージを受けたり、鍼をして痛みをとりながらスポーツをしてもいいと思います。

TOP

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは腰骨と腰骨の間にある椎間板という線維軟骨の中心にある髄核というものが、重いものを持ち上げたときなどに急激に力がかかったときに飛び出して神経を圧迫し、 腰痛や下肢に痛みを起こす事をいいます。

以前は、手術をする事が多かったですが、現在ではよほどのことでは手術をする事はないようです。ほとんどが保存療法で痛みが治まる事が多く、腰部への硬膜外ブロック注射をして局所の炎症を治めたり、あるいは、急性期は安静(横臥)にし、落ち着いてきたら鍼、マッサージ、電気治療などを受けるといいようです。

 また、最新の手術による治療法では、患部に直接レーザー照射をすることによって髄核を蒸散させ、神経への圧迫を取り除くという方法もあるようです。




股部

上前腸骨棘裂離骨折 

この障害はあまり多く見られるものではありませんが、成長期の時期でまだ骨端が未成熟のときに発生します。これもやはり、激しい運動による大腿四頭筋の過度の緊張でその起始部になる未成熟な上前腸骨棘に、ジャンプをした時、全力疾走時などに過剰な力が加わり、剥離骨折が起こります。
特定商取引に関する法律に基づく表示          TOPに戻る